2016-4-28 修羅場

数年前、郊外に新しくできたショッピングモールのオープニングスタッフとして派遣された。
そこはあまり治安が良くなくて、開店早々万引きやら客同士のトラブルやらがものすごく多いところだった。

ある日、すごく気分が悪くなってしまって、早引けした日があった。
モールは閉館しているけれど、スタッフはまだクローズ作業をしている時間だったから、外は人がまばら。

通用口を出たところで、魔女みたいな服装の人に声を掛けられた。
赤ちゃんをだっこしていたのだが、その赤ちゃんはすごく顔色が悪い。
曰く、赤ちゃんが病気になったけど、電車に乗るお金も病院に行くお金もない、と。

その駅はショッピングモール以外には何もないような駅だし、地元の人なら近所の病院にまず行くだろうし、お金ないのにどうやってここに来たんだろうと思った。
ただでさえ具合が悪いのに、見た目も発言も怪しいので、目が合ったけど無視してしまった。
そしたら急に発狂して驚いた。
いきなり甲高い声を出して「赤ちゃんが」とか叫んでる。
赤ちゃんを振り回し始めたから、思わず声を掛けてしまった・・・

メルマガを購読する

コメントは受け付けていません。